カリキュラムCURRICULUM

カリキュラム海洋・重工メーカーなどでのエンジニアや関連する研究開発職の場合

そのキャリアパスにとって必要な科目

  1. 基礎学理並びに関連演習科目
    材料力学I、流体力学、プログラミング基礎
  2. より専門性を高めるための領域科目
    環境・エネルギー流体力学、海洋開発工学、システム制御工学
  3. その他必要なスキル等を身につけるための科目
    必要なもの:コミュニケーション技法、Fundamental Mechanics

その他に履修することが役立つと考えられる科目

材料力学II、海中工学、数理計画と最適化、環境・エネルギープロジェクト、物流・交通システム計画、社会のための技術、信頼性工学、エネルギー・環境経済システム

<教員からのメッセージ>
  • 海洋・船舶・海運系では、流体力学と材料力学の基礎をしっかりと身につける必要がある。関係する演習科目も履修することを勧める。この分野における知識を高めるために海洋関係の講義が役に立つ。さらに、実務では計算機を使った設計や最適化が常であり、プログラミング技術は必須である。この分野では、船体、海底油田掘削リグや洋上風車などの構造設計・建造だけでなく、海上ロジスティクスやエネルギー生産まで含めたトータルシステムの観点に立って仕事をする必要があり、システム制御や数理計画法の知識が役に立つ。グローバルな業務には英語が必須である上に、異文化を持つ人々をリードしてプロジェクトをマネージメントするためにはコミュニケーション能力を高めておく必要がある。