カリキュラムCURRICULUM

カリキュラム環境・建設系のコンサルタントやマリンコンストラクターなどの研究所における研究職、関連する行政職の場合

そのキャリアパスにとって必要な科目

  1. 基礎学理並びに関連演習科目
    流体力学、地球科学2、環境・エネルギー流体力学
  2. より専門性を高めるための領域科目
    環境調和論、環境システム論、環境政策論
  3. その他必要なスキル等を身につけるための科目
    エネルギー・資源政策論、エネルギー・環境経済システム、社会システム工学基礎

その他に履修することが役立つと考えられる科目

環境・エネルギープロジェクト、環境・エネルギー概論、経済学基礎、数理手法I、数理計画と最適化、数理演習I、数理演習II、プログラミング基礎、プログラミング応用、地球科学、生物学・生態工学、Heat Transfer、流体力学演習A、環境・エネルギーの化学、システム工学基礎、Advanced Environment & Energy

<教員からのメッセージ>
  • こうしたキャリアパスにとって、環境中の物質の動態や循環を理解するための基礎として、流体力学や地球科学に関する基礎学力を身につけることが必要不可欠である。その上で、領域科目を通して環境アセスメントやリスク管理の概念と手法、環境政策と技術の関連を理解する。E&Eコースでは環境とエネルギー双方に関して、政策や経済・社会面を含めて学べるのが特徴であり、こうした科目をあわせて履修することによってコンサルタントや行政職など、専門性を維持しつつより広い分野で活躍することが可能になる。