カリキュラムCURRICULUM

カリキュラムエネルギー資源開発エンジニアの場合

そのキャリアパスにとって必要な科目

  1. 基礎学理並びに関連演習科目
    流体力学、環境・エネルギーの化学、プログラミング基礎
  2. より専門性を高めるための領域科目
    流体エネルギー資源の形成と開発、エネルギー・資源政策論、各プロジェクト演習
  3. その他必要なスキル等を身につけるための科目
    システム創成学基礎、社会のための技術、環境調和論

その他に履修することが役立つと考えられる科目

環境政策論、環境・エネルギー流体力学、環境・エネルギー概論、社会システム工学基礎、数理手法1、数理演習Ⅰ/Ⅱ、プログラミング応用、Heat Transfer, 流体力学演習、Fundamental Mechanics、環境システム論

<教員からのメッセージ>
  • 石油・天然ガス等のエネルギー資源の開発は社会を支える基幹産業であり、そこで活躍するエンジニアには体系的な工学的基礎が必要である。その中でも、流体力学をはじめとする基礎学理と数理的な解析・予測の方法論は巨大な資源開発プロジェクトの中枢を担うために必須となる。これに加え、E&Eコースで提供されている社会・環境に関する幅広な科目で多角的な知識を学習、プロジェクトによりそれらを実地体験し、さらにチームとして活用する術を身につけ、グローバルなエネルギー資源業界のリーダーとなる能力を身につけて欲しい。