カリキュラムCURRICULUM

カリキュラム応用プロジェクト

はじめに

応用プロジェクトは、システム創成学科の理念に基づくプロジェクト・ベースト・ラーニング(PBL)のひとつであり、3年A1A2の学生に対する必修科目です。

目的

これまでに習得した基礎学問が、各専門分野で如何に活用されているかを理解し、実習・研究を遂行・補佐することにより、現実問題に対する工学的アプローチを習得する。

実施内容

  • 希望調査を行い,それをもとにテーマを選択する。
  • 選択したテーマの担当教員の指導のもとで演習を行う。
  • 基礎実験
  • 基礎実験

成績評価方法

課題への取り組み方や成果にもとづいて各テーマの担当教員により行なわれる

過去の課題

平成29年度

  1. 「エネルギー技術関連シミュレーション演習」小川・寺井・岡本
  2. 「福島第一原子力発電所の廃止措置と環境修復」岡本
  3. 「フォークボールはなぜ打てないか」佐藤(徹)・髙木・川畑
  4. 「極寒の北極地エネルギー開発における海洋構造物構想」川畑・佐藤(徹)・髙木
  5. 「次世代エネルギー社会の構築に向けた新しい資源と触媒の開発」増田・西林
  6. 「レアアース泥からのアパタイトおよびマイクロマンガンノジュールの回収に関する研究」加藤・ドドビバ