カリキュラムCURRICULUM

カリキュラムインターンシップ

インターンシップと海外研修

夏季インターンシップ

夏季インターンシップは、学生の自主性を育て視野を広げることを目的として、夏季休暇(春季休暇も可)を利用した各種社会活動(企業等における実習、海外研修、調査、ボランティア活動等)に履修単位を与えるものである。学生諸君は、積極的に受け入れ先を探し、或いは研修・調査などの計画を立て、実際的な技術・専門知識の向上、勉学の目的意識の高揚、自身の将来の方向性などを考えるために役立ててもらいたい。

対象学年:学部4年生(1単位)
実施期間:夏季休業中(春季休暇も可)の1~4週間(受け入れ先等により異なる)
実施要領:

  • 5月中旬頃までに担当教員が説明会を開催
  • 各自受け入れ組織と交渉(コース掲示受け入れ組織リストから選択するか、独自にさがす)
  • 受け入れ先、研修内容、時期等が決定次第、実施計画書を提出し承認を受ける
  • 実施報告書の提出(10月中に5~10頁程度のレポート提出)

研修内容の例
  • 企業等において研修を受け、実際の現場での仕事の内容、手法を理解し、その成果等をまとめる。
  • 研究所での研究補助などを行い、機器やデータ解析に関する知識を深め、その成果等をまとめる。
  • 企業等でハードウエア、ソフトウエア開発等に携わり、その成果等をまとめる。
  • 国際会議等のスタッフを務め、会議のマネージメントなどを通じた体験等をまとめる。
  • 国内の環境調査、各種施設見学などを企画・参加し、その成果等をまとめる。
  • 地域ボランティア(福祉、教育等)、国際ボランティア活動等を行い、その感想、成果等をまとめる。
  • 教育活動(地域ボランティア、講師など)を行い、その内容、成果、教育観などをまとめる。
  • 海外・国内語学研修等を行い、現地事情、成果等をまとめる。

「海外研修」「海外インターンシップ」「環境・エネルギー研修」

夏期インターンシップの他にも「海外研修」「海外インターンシップ」「環境・エネルギー研修」などを用意しています。

過去3年間のインターンシップ実施状況

企業・研究所における研修(順不同)

省庁(文科省)、各種研究所(海洋技術、港湾、地球温暖化、土木、衛生等)、原子力関連企業、建設会社、製紙会社、電力会社、石油・ガス開発会社、建設コンサルタント、金属鉱山、電機会社、商事会社、IT・コンピュータ関連会社、外資系保険会社

企業以外の研修

短期留学(英国、米国、アイルランド等)、グループ実験、地域調査、ボランティア活動(障害者介護、コンパニオン等)、教育活動(講師等)