カリキュラムCURRICULUM

カリキュラム学習目標

E&Eコースの学生は、地球環境・エネルギーシステムの評価、エネルギー源の開発と利用、環境調和型技術の開発などの諸分野での活躍を目指して、次の知識・方法・能力を修得します。

  1. 環境・エネルギー問題の解決に向けた基礎学理とその実践のための知識
    地球環境問題、エネルギー・資源の開発、原子力・核融合・放射線等の先進技術、環境と調和した地圏・水圏の利用、資源リサイクリング、経済アナリシスなどを専門とする教育スタッフによる指導で、すべての背景となる基礎学理を学びつつ、実際の現場に応用するための具体的な問題に関する知識と問題解決に必要なスキルを修得
  2. 1.で修得した基礎学理や知識、スキルを用い環境・エネルギー問題を長期的かつグローバルな視点から評価・解析でき、住み良い社会を創成する能力
    少人数のプロジェクト演習(PBL)を通じて、専門基礎能力、デザイン能力、コミュニケーション能力、国際性及びリーダーシップを修得
    実際の政策担当者の協力による講義で、政策策定の手法を修得

E&Eコースは、環境関連の他学科と異なり、個別の専門教育よりも先に環境・エネルギー領域の幅広い知識を修得した後で、学生が興味を持った専門分野に将来進路を選択させる方式をとっているのが特徴です。

  • 基礎をしっかり学びながらプロジェクト演習で応用能力を高める
  • 学生の自主性を育てる

という新しい教育を行っています。当コースでは環境・エネルギーの各領域を専門とする教育スタッフを揃えていますから、将来の進路目標に応じて自分自身で履修科目の設計を行ってください。(履修モデルも参考に。)進学された後は、講義やプロジェクト演習のときに遠慮なく教員に相談してください 。