駒場講義・学生活動STUDENT ACTIVITY

駒場講義案内

E&Eコースでは、環境・エネルギー問題を総合的に理解し、持続可能な社会を創成することのできる人材の育成を目標としていますが、それぞれの教員の専門は多岐にわたります。
こうした特長を活かし、コースへ進学した後の科目だけではなく、1,2年生向けの総合科目や全学自由研究・体験ゼミナールと言ったかたちで環境・エネルギー問題の最新トピックスや実際の現場を紹介することも行っています。自分の視野を広めるために是非有効に活用してください。

22世紀の地球を創る 考動する学生からのメッセージ

「未来システム研究所」

遠い未来、もしかしたらちょっと先の未来、私たちの身の回りの環境は大きく変わっているかもしれません。人間の活動が引き起こす地球温暖化や異常気象、そしてこれから起きうる新たな環境変動。それらはどのように地球を変えてしまうのか、誰にもわかりません。ですが、「今」の積み重ねで作られる未来は、「今」を改善していくことでより良いものになるはず。

私たちの身の回りを取り巻く「環境」、そして人間活動の源である「エネルギー」。それらがいったいどんなものであるのか、どんな問題を内包しているのか、それらを解決しより良いものにするためにはどうすればいいのか。

第88回五月祭にて展示される「未来システム研究所」では、環境・エネルギー問題解決への第一歩として、よりよい未来を創るため、こうした問題に対する「実感」を提供します。

実験企画

実験企画では、普段私たちの見えないところで行われている発電をより身近に感じてもらうため、みなさんには実際に手を動かし、体を動かすことで技術の力を体感してもらいます。そして地球環境のために自分たちに何ができるのか、また現在どのような技術を用いて環境問題を解決しようとしているのかを理解しましょう。

風力発電

現在、日本で行われている風力発電、それに用いられる風車の小型模型を実際に紙で作り発電を行ってもらいます。風力発電のエネルギー効率の限界である59.3%(ベッツの限界)にどこまで近づけるか挑戦してみてください。

自転車発電

自転車を漕ぎ発電を行ってもらいます。エネルギーを作ることの大変さ、そのエネルギーをどれだけ簡単なエコアクションで抑えることができるのかを理解しましょう。

シミュレーションゲーム企画

シミュレーションゲーム企画では、環境・エネルギー問題を題材にしたタブレットゲームをプレイすることができます。簡単なタッチ操作で楽しく環境・エネルギー問題について学ぶことができます。

シミュレーション 1 班

架空の国のエネルギー大臣になったみなさんは、注文の多い総理大臣から出されるさまざまな条件を満たすように最適なエネルギー源の組み合わせを考えてもらいます。石炭、天然ガス、原子力、太陽光といったさまざまなエネルギー源の特徴を知っていますか?十分なエネルギー供給量を保ちつつコストや CO2 排出量を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?みなさんは理想的な大臣になれますか?

シミュレーション 2 班

どうして私が神様に!?ふとしたきっかけで神様になってしまったみなさんが、環境汚染をなるべく発生させないように架空の島で農業、漁業、工業といったさまざまな産業を発達させます。経済的な利益を得つつも環境汚染を発生させない。それらのバランスを保てますか?島の運命やいかに!?